新型コロナ苦境・女性を直撃

新型コロナウイルス感染症の流行が長期化する中、立場の弱い女性たちが苦境に追い込まれています。ドメステックバイオレンス(DV)や生活困窮に直面して、自殺者も急増しており、行政支援が届かない世帯が出てきて更なる苦境、状況の悪化も懸念されています。

新型コロナウイルス拡大の影響は特に女性への影響が深刻で、女性の不況の様相が確認されています。コロナ禍の女性に与える影響を議論してきた政府の有識者研究者では昨年11月に発表した緊急提言で危機感を表に出した。

女性をめぐる生活環境の悪化は統計からも明らかになっており、2020年11月の労働力調査によると、パートやアルバイトなどの非正規雇用で仕事をしている人は2124万人で、3月から9ヶ月間連続で減少しており、1月以降の非正規雇用者の減少数は女性が533万人で、男性が279万人と約2倍となっています。

厚生労働省によると、新型コロナウイルス感染症による、解雇・雇止めは2021年1月8日の時点で累計約8万人にものぼり、このうち非正規雇用者が約半数を占めています。緊急事態宣言の外出自粛により女性従業員の多い宿泊業・飲食業などが大きな打撃を受けています。

特に所得の少ないひとり親世帯への影響が大きく、支援団体には(米を買うお金がない、子供たちに1日2食で我慢してもらってる)などと悲痛な声が多く寄せられている。自粛生活の中で育児や介護・家事の負担は増加して、DVにさらされるDVにさらされる危険も増加している。

内閣府の調査によると、昨年4月から11月にかけてのDV相談件数は各月前年より1.3~1.6倍となっている。コロナ禍では若い女性の自殺者が増えており、これらの層に経済的な問題など打撃が集中しているのが現状だ。影響が長期になれば更なる状況の悪化を招きかねないとして、政府は女性たちが直面している厳しさの実態を把握したうえで、女性の生活基盤を整えていくための具体的な支援策を打ち出す必要があると専門家たちは述べている。

夫のDV・実家にも居場所がない

長引くコロナ禍の中「これからどう生きて行けばいいのか」西日本在住の40代女性は苦しい胸の内をこう打ち明けています。「発達障害を抱える幼い子供2人とともに、夫の住む自宅を離れ、実家に身を寄せて生活している。

女性は結婚を機に職場を退職して、自宅では育児と家事を一人で担ってきた。感情に起伏が激しい夫は機嫌が悪いと些細なことで激高し、物を壊し、時には自分へも暴力を振るってきた。子供達が標的にさらされる恐怖もあり、夫に言われるがままの生活をこなすしか方法がなかった。

ときには口答えしたと難癖をつけられ暴力をふるわれた。警察に相談し実家に避難するように言われたが実家にも居場所がなかった。両親は育児は母親が行うものと支援の手を差し伸べてはくれない。洗濯や食事は別々、家賃を払うように言われた。仕事をしていたが子供が通う療育施設は不定期実施で見てもらえる時間は短い。そんな中苦境に追い打ちをかけたのが新型コロナの感染拡大だった。

子育ての合間にウエブサイトや求人誌をもとに仕事を探してきたが不況のあおりで求人は激減しており短時間のシフトで柔軟な働き方ができる仕事は見つけるのが困難だった。夫は離婚に応じず自治体などに支援を要請してもひとり親世帯が受けられる児童扶養手当や国が決めた臨時特別給付金も受け取る事が出来なかった。

現在は独身時代に貯めておいた貯金を切り崩して子供の食費を工面するのがやっと。自分は夜に一食の残り物で食事を済ませ冬用の衣服も2着を着回ししている。DV被害者らの保護シェルターに入居を希望しているがどこもいっぱいなうえ、「妻が子供を連れ去った」と主張している夫から毎日脅迫めいたメールが届き精神的に追い詰められる状況が続いている。

夜中、子供を寝かしつけ布団に横たわれば天井を見上げて思う。「首でもくくれば楽になれるのか」しかし自分がいなくなればいなくなれば子供はどうなるのか。どこにも行き場がない、先を見通すことも出来ない。死にたい気持ちを打ち消すのに精一杯の生活を送っている。

コロナ禍の陰で苦境を強いられている弱い立場の女性たちの受難はいつなくなるのだろうか。