大阪・兵庫・「コロナ第4波」感染倍増の恐れ

兵庫県や大阪府では新型コロナウイルスの感染が再び急拡大し。「第4波」では1日あたりの新規の感染者数が「第3波」のピーク時の2倍程度まで拡大する恐れがあると、複数の専門家が警笛を鳴らしている。変異した新型コロナウイルスの広がりで感染が拡大したイギリスのような状況が起きる懸念があるためだ。病床の確保など対策の強化が早急に求められている。

代3波のピーク時には1日の新規感染者数が大阪府では654人(1月8日)兵庫県では324人(1月9日)だった。感染者数が2倍になると、それぞれ1300人程度、600人程度に達することになる。大阪府では感染者が3月30日までの一週間平均で前週比2.2倍と急増しており、大阪府は31日以降も一週間で感染者が2倍のペースで増加すると4月9日に891人になると計算している。

最大の懸念は従来型より感染力が強いとされている変異ウイルスの広がりだ。厚生労働省によると累計の感染者数(3月30日時点)は兵庫県が181人で最も感染者の数が多く大阪府が130人で続いている。「南アフリカ型」「英国型」「ブラジル型」のどの種類があるが両府県ではすべて「英国型」が占めている。

両府県では緊急事態宣言が2月末に前倒しで解除され、若者の行動が活発化したことも影響したと見られている。東京慈恵会医科大学の浦嶋充圭教授によると、英国では昨年9月に変異ウイルスが出現し、約3か月後。ロンドンを含む地域では感染者の約6割まで拡大した。

それに伴い一部地域ではロックダウン(都市封鎖)を導入したが感染者の数は3週間後には2倍以上に増えた。浦嶋教授は「日本で英国型変異ウイルスが見つかって3カ月たち、兵庫や大阪では感染の主流になりつつあるとみられ、今後、日本でも同様の感染拡大がおきてもおかしくない」と指摘する。関西大の高鳥毛敏雄教授も「第3波の1.5倍、最大約2倍になる事も想定される」と指摘している。

厚生労働省は各都道府県に感染者数が2倍程度に拡大することを想定して医療体制を見直すように要請している。国際医療福祉大学の和田耕治教授(公衆衛生学)は「重点措置の効果が上がらない場合も想定して、次なる一手を考えておくべきだ」と述べている。