緊急事態宣言延長で巣ごもり生活も長引く

新型コロナウイルス感染拡大で
3度目の緊急事態宣言は期間延長となった。

飲食店などへの時短営業要請・酒類の提供の自粛
などの要請が出て、飲食店業界からは悲鳴の声が上がっている。

不要不急の外出の自粛、テレワークの推奨都いった要請も発令され、
町からは人の気配が少なくなってきている。

巣ごもり生活が長引くとストレスが溜まり反対に精神的によくないか
とも思われますが、変異種を含む新型コロナウイルスの感染力は
強烈で、感染者の数は増加の傾向に歯止めが止まらない
のが現状である。

このような現状の中、外出の自粛はやむ負えない措置というのはわかるが
長期間外出ができない巣ごもり生活がこれだけ長く続くと
どうやって時間を潰せばいいのかわからないと思うのも本当のところだ。

巣ごもり生活中は、読書やゲームをする時間が増えた、という人が
多いが、ゲームをしない人や読書が苦手な人は時間が長く感じて
ストレスが溜まる一方である。

かといって外出は感染のリスクが上がるので怖い、頼みの綱である
ワクチン接種も初めてのことなので副作用が怖いという人も多くいる。

こんな現状で東京オリンピックは本当に開催出来るのだろうか?
IOCは強気な姿勢を崩さず、開催は決定であると述べ、
すでに日本に来日してくる国もちらほらと出てきている

不安は多くあるが、新型コロナウイルスの感染拡大に
歯止めがかかり、一日でも早く緊急事態宣言の解除、
巣ごもり生活からの脱却を切に願う。